冷え 内臓 温める

MENU

↑1週間でぽかぽか効果を実感する方が増えてます♪↑

冷えで内臓を温めるには?便秘・オナラが出やすいなら注意

冷えで内臓を温めるには、熱を体の外に逃がさないようにすることが大事です。

 

内臓が冷えるタイプの冷え性は、手足など体の表面上は熱く、
汗をかきますが、内臓・深部温度が低くなります。

 

そのため、手足は熱く、汗っかきなのに、お腹が冷えるのです。

 

また、内臓だけでなく、二の腕や足のももが、冷えていることがあります。

 

手足は温かいのに、二の腕を触ると、ヒヤッとする方は注意が必要です。

 

汗をかくと、汗が蒸発することで、手足の肌から体温を奪っていき、
体から体温が逃げていくのです。

 

内臓の体温が下がると、消化器系・胃腸、大腸の働きが
弱くなります。

 

そのため、ガスが溜まる、膨満感、便秘などの原因に
なりやすいです。

 

<内臓の冷えになりやすい人>

 

汗っかきで手足の表面は温かいのに、お腹は冷えやすいと
感じている方が、内臓冷えタイプです。

 

内臓の冷えるタイプで多いのは、30代・40代以降の女性で、
交感神経の働きが弱い方です。

 

副交感神経が弱く(リラックスできない、緊張しやすい)方、
アレルギー体質の方も多いです。

 

副交感神経が弱い、男性も内臓冷えになる方も多いです。

 

自律神経は、過度なストレスで乱れることが多く、
ストレスを多く感じている方も冷え性になりやすいです。

 

<内臓の冷えの原因は?>

 

内臓が冷える原因は、体の熱が外に逃げてしまいやすいためです。

 

体の外に体温が逃げるのは、自律神経の体質・腹部の手術による
外科的な影響が関係することがあります。

 

交感神経・副交感神経のバランスが悪いのは、
血流が悪いために、熱が上手く運ばれないことにあります。

 

手足などの末端神経が体温調整できず、
体の中の体温が維持できないのです。

 

そのため、手足は熱くい・汗っかきなのに、
内臓などの深部温度が下がってしまいます。

 

内臓の冷えが起きると、胃腸の働きが弱くなります。

 

特に大腸の働きが悪くなり、便秘、ガスが溜まりやすくなり、
膨満感を感じやすいです。

 

<内臓の冷えを改善するには?>

 

内臓の冷えを改善するには、体内の熱を外に逃がさないように
する工夫が必要です。

 

また、乱れた自律神経を整えることで、血流が改善して、
適度な体温調整が出来るようになります。

 

1.体内・内臓の熱が逃げないようにする

 

汗をかくと、体内の熱が逃げていきます。

 

そのため、汗をかいた時に、熱が逃げないように、
通気性のよい服を重ね着をするとよいです。

 

冬場のヒーターや、夏場のクーラーで体温調節が難しい時期も
ありますが、汗で体の熱が逃げないよう服で調整します。

 

2.軽めの運動をする

 

軽めの運動をすると、自律神経が働いて、交感神経と
副交感神経のバランスが整っていきます。

 

ウォーキjングなどをして、交感神経を優位にさせて、
夜にグッスリ眠ると、副交感神経にスイッチされ、自律神経が整います。

 

自律神経が改善されていくと、血流のコントロールが
上手くいくようになります。

 

3.食べ物を食べ過ぎない

 

食べ過ぎると、汗をかきやすいです。
汗をかいて蒸発すると、体温が奪われます。

 

さらに、冷えた内臓で機能が低下しているところで、
大量の食べ物がくると、処理しきれなくなります。

 

すると、便秘・ガスが溜まるなどの悪循環になります。

 

内臓の働きを良くするには、適量の食事をすること、
冷えた食べ物はあまり食べないようにするのも大事です。

 

冷え性改善のサプリメントを飲むことで、血流を改善して、
内臓の冷えを改善することも出来ます。

 

内臓の冷えで効果があるサプリはコチラ