冷え性 病気

MENU

↑1週間でぽかぽか効果を実感する方が増えてます♪↑

冷え性に関係する病気は?気を付けたい女性の冷え症状

冷え性は、様々な不調や病気の要因、
症状悪化に繋がることが知られています。

 

冷えを改善することで辛い症状が緩和されたり、
改善することもあります。

 

では、冷え性に関係する病気には
どのような病気があるのか見ていきましょう。

 

生理痛

 

生理痛の要因となるのは、子宮内膜から分泌される
プロスタグランディンです。

 

この物質は子宮を収縮させ、子宮筋に虚血が生じるため、
痛みが起こります。

 

ツボ押しやお腹を温める等、血液循環を良くすることで
生理痛を和らげられます。

 

むくみ

 

冷え性の方の中には、むくみが出て悩む方も多くいます。

 

むくみが生じるのは、細胞内の水分が外に出たまま
排出されずに溜まるためです。

 

冷え性と同じように血行不良を改善することで、
リンパの流れや代謝が良くなり、むくみの緩和に繋がります。

 

また、余分な水分を排出する漢方を取り入れることも
むくみの解消に効果的です。

 

肩こり

 

肩こりは、女性に多い症状です。

 

女性は細い首で頭を支えながら、長時間に及ぶパソコン仕事や
デスクワークを行っているため、肩の筋肉が疲れるんですね。

 

同じ姿勢を続けていると血行不良で肩こりを招き、
冷え性にも影響します。

 

体をしっかり温めたりストレッチを行うなどして、
冷えを改善することが肩こり解消にもなります。

 

肩こりを放っておくと、緊張型頭痛を引き起こすので、
早めの対策を心がけましょう。

 

ひどい疲れ

 

だるさや疲れは、冷えと最も関連があると言われています。。

 

体が冷えることによって血液循環も悪くなります。

 

本来であれば、血液が新鮮な酸素や栄養を
体の細部に届けてくれます。

 

しかし、血液循環が悪いと
酸素や栄養が行き渡らず、
元気が出なくなります。

 

また、酸化物質や疲労物質などの
老廃物も溜まることになり、だるさが出てしまうのです。

 

さらに体が冷えた状態だと、食事から得たエネルギーを
体を温めるために消費します。

 

活動エネルギーが減るため、活動力も低下してしまいます。

 

冷え性の病気になる前に対策をしておきましょう。

 

冷え性を対策するサプリはコチラ